ドル円、位置的にTLをちょい上抜け後、抑えられ、

一度戻りをつけて、これから上にあがるぞという形に見えると共に、

これが上にあがらない形で、下にずるずる落ちるパターンであれば、

一気に下にずるんと行く形。

これもペナント抜け後や、TL抜け後良くある動き方(シナリオ)。

通常であれば、この下がり方は4H上昇に対する戻りなので、

このまま上にいく形ですし、上強めで見てるけども、

そうならない場合は、下にずるずる落ちる、良く見るパターン。

そしてこれがどちらにいくのか?を把握するには

一番小さい波、そしてその次の波でどうなるか?が一番早いです。

そこを意識してみる事によって、上記の二つのシナリオどちらになるのかが

誰よりも早い段階で把握できて、手をうてるので、

当然、そっち方向の順張りに乗るので、圧倒的優位性をもって相場の波に乗れると。

ただ、これも実践経験の差によって、早く気付けるのか、少し遅く気付くのか、

既に行ってしまってから気付くのか?

これは個人差はありますが、しっかりした軸を学びつつ、継続すれば

いずれ早く気付ける段階までいけるのかなと。

当然、その時点で聞いてもらえれば、

ブログには書けない、更なるシナリオ、目標値、考え方のすべてを、

受講生の方には伝えております。

これだけでもリアルタイムの情報として、価値はあるかなと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここからは長くなりますので、見なくても大丈夫ですし、

テレビや新聞、政府が言ってることが必ず正しいと思っているような方。

世間的に肩書(京大、東大、ハーバード等)がいいから、

この人の言う事なら間違いないだろうと、盲信するような方。

アナリストが言ってるから間違いないと思って、乗っかったら大負けしたので

あいつは駄目だというような考えを持ってるような方。

上記のような方には理解できないと思いますし、

拒否反応が出ると思いますので、見ない事を強くお勧めします。

2016.10.21、先日の鳥取地震。

兵庫の私でも、そこそこ揺れましたし、

大阪でもかなり揺れたそうです(高層階だと更に)

そこそこ揺れたので、普段テレビはつけないし見ないのですが、

NHKをつけると鳥取で震度6と。

こういう地震があった場合、すぐに私の場合は深さが気になります。

311、熊本地震同様、大抵深さが10キロや、

ごく浅いといった表記の場合は、人工地震の可能性があるので、

そこから波形を調べる行動に出ます。

自然地震の場合はP波がきてから、S波がきます。

そして、昨日の鳥取地震に関しての波形を見ると、

まぁ地震学者が見れば一目でわかるレベルでしょうが、

311、熊本、同じですね。

とりあえずいつもの貼っておきましょうか。

-昨日の鳥取地震波形-

-熊本地震-

不自然ですね。

少し勉強すれば、自然地震の波形と、人工地震の波形は大体把握出来ます。

尚更その職業についている地震学者、気象庁は更に一目瞭然でしょう。

当然、彼らはその道で食っていかなければいけないので、

わかっていても黙認でしょうし、昨日の気象庁の会見を生で見ていても、

喋りかた、顔のこわばり、一言一句間違えないようにと言う風に見えました。

前職で、人の顔や雰囲気を見れば、大体何を考えているか、

何を意図しているのかが、くみ取れるようになりましたので、

気象庁の方はわかりやすい特徴があったのでくみ取りやすかったですし、

わかっているけど言えないから、辛いんだろうなぁと思って見てました。

自然地震なら自然地震と自信を持って言えるのに、

大きい地震になればなるほど、毎回毎回、同じような波形で困るんでしょうね。

心では、あーまた人工か、でもテレビの前じゃ人工なんて言えないし、

しっかり原稿通り読まないとクビだし、家族もいるしっていう所でしょう。

-1944年東南海地震-

ここから人工地震が地震兵器として、対国として使われていったのかなと思ってます

そして、今は2016年、科学力や隠蔽力は格段にあがっていますので、

当然一般市民には知られないように、陰謀論としてメディアに広げて、

どっちかわからないという流れにしてますが、

昔の人がいった言葉、経験、事実というのを無視して、

今のメディアが意図的に作った情報に流されるのはどうかなと思いますね。

そのメディア自体も、彼らの手にありますし、

日本では、最近電通社員を自殺まで追い込んで、隠蔽しようとした、

あの電通を中心としたメディア戦略を組み、

そこからNHK、各テレビ局報道、各新聞社、

それを何も知らずに読む末端アナウンサーという流れ。

そしてテレビで言ってるから間違いないと信じ込まされる(洗脳される)国民と。

上記波形も、人工地震の波形に類似してますし、

動画の中でも言っていたように、

地震の次は何をお見舞いしましょうか?という言葉の真意。

(下記動画、20:40~から)

その後、爆撃、普通の常識人なら誰が見ても、わかりますよねと。

軍事施設をピンポイントで狙った人工地震からの、爆撃でトドメ。

弱体化を狙うには、弱くなったところを更に叩く、

定石中の定石といった動きですね。

と言った流れのように、単純に人工地震だからではなく、

その歴史、経緯を理解していると、

自然地震もあるけども、今回は人工地震と思った方が、

自然地震よりは可能性が高いよねというのが持論ですと。

FXでも常に両方の考えを持って判断、決断をしているので、

他の人とは真反対な考えも持ったりしますが、

鵜呑みにするよりかはまだマシなのかなと思っている今日この頃ですと。

なぜ、人工地震を起こす必要があるのか?という問いに対しては、

まったくわかりませんとしか言いようがないですね。

来月の大統領選挙が絡んでいるのか、原発を狙っているのか、

脅しのための地震なのか、これから来るであろう南海トラフがくるフラグとして、

歴史の順番通りにおこしたいから起こしたのか。

ただ、波形のデータ、統計、自然地震との比較、

これまでの歴史を見る限り、そちら(人工地震)の可能性が高いので、

世界情勢が絡んでいるのは間違いないですが、

誰が何の意図で起こすかは、一市民には計り知れないですねと。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly