2トレード公開(質問の返答も下にあります)

なぜか今日の17時ごろに掲載したつもりの記事が消え、

再度作るも、記事が更新されず消え、最近こういうのおおいなぁ、、3回目(汗

さて、昨日は17時時点で5回エントリーチャンスがありました、

11時前の急落、その後の上昇、そしてエントリーしたショート箇所、

その後の上昇、更に上昇を狙ったロングエントリー。

1回目のショートは、転換の初動を狙ったエントリー。

急落の初動のパターンは大体、

急落→戻り(浅い・深い)→再度下。

急落→激浅戻り→下。

2回目のロングは、良くあるロングのブレイクアウトです。

転換すると見せかけて、上に張り付いて、上に抜ける形ですね。

5か所のうち、3箇所はもう少し利をのばせるんじゃないと思いますが、

利を伸ばすのはもちろん重要ですが、

それとは別に利を伸ばす事を期待しないというのも重要です。

そこから更に伸びる伸びないというのは誰にもわからないですし、

確実に今伸びるであろう位置を事前に察知をして、

エントリーをして、大体ひと伸びした、そこで利食う、それでいいと思いませんか?

含み益が減る戻りを我慢する必要なんてないですし、そこで利食いをして、

再度下にいくのであれば、そこで再度エントリーをして利食う。(2回目)

戻りがなければ、さようなら、次の転換開始まで待ちますで終わりです。

上記こそ、この手法のもっとも大きな利点で、

最も安全かつ(LCも短いですし)

安心して勝てるんだ(ひと伸びで食う為)という日々の糧も養えます。(精神+資金)

これこそが土台となり、勝ちの経験として積み上がっていきます。

この手法を1回5~10pipを複数回エントリー出来た場合、1日で言うとそこそこのpipになります。

今回で言うと5×5~10なので、おおよそ25~50のpipは期待できます。

それだけ取れれば十分じゃないですか?という事です。

(見逃しても5,10~10~20は期待できます)

しかも日々コツコツなので、システムトレードとは別の技術が磨かれていきます。

システムトレードの良い点悪い点、もちろん理解してますし、

それはそれで手法は別にあります。

ただ、日々しっかり勝って(たまには負けて)、

それを週に繋げ、月に繋げる。(+システムトレード)

これが本当の意味での実力と思ってますし、それこそがもっとも安定しますし

レッスンされる方もそこを目指してもらってます。

※実際レッスンを受けてもらうときのチャート画面と下記はまったく異なります。

特に多い質問の返答です。

手法に関しては、上記のようにその時見てる波に対して順張り方向にエントリーします。

実質、今回改定したレッスン内容に関しては、

前におこなっていた、フルサポート以上のサポート内容ですし、

チャットワークで日々の対応(個人レベル対応)、

日々の相場、その時の相場がどうなのか?エントリータイミングがきそうな時にも対応等

長いレッスンメンバーは、裏でエントリーしてる人もいるとかいないとか。

もちろん、上記のようなエントリー箇所の前に、お互い連絡を取り合い、

実際に実践でエントリーの練習をしてもらい、すぐフィードバックをするというのも可能です。

一番手っ取り早いのは、いかに実践を一緒に体験して、勝ちの体験をつめるのか?です。

負けそうな形、状況等は、すべて私の経験で察知できますし、

仮に負けてもLCの技術もそこで養えますし、レンジペナントを察知するという技術も養えます。

日々のチャットワーク対応無制限、スカイプ+画面共有にてレッスン無制限(要予約)

こういうサポート内容で、

初月9,450円、次月以降19.950円。

私の4年以上のレッスン経験と、それ以上の実践経験を知ることが出来て、上記金額です。

※誰も知らない真の相場の基礎パターン+メイン手法+勝てるまでサポート(修正)

これが高いのか安いのか?

良く考えてもらえればわかる金額かなと思います。

勝ちたいのであれば、

勝てる手法・技術で、プロのサポートを受け、勝てる迄継続する。

これがもっとも効率良く勝てる確立をあげることができます。

サッカー、野球選手はプロですが、

そのプロをサポートするプロも必ずいます。(フィジカルトレーナー等)

なぜプロですらプロのサポートがいるのか?これを理解してもらえれば、

家庭教師で個別レッスンをなぜ受けるのか?も理解できてくるかなと思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly