Return to site

Motti Blog

fx specialist

今週の動きは週足でいうと浅い戻り、

日足で見るとわかりやすいですが、陽線が続き(下が決まってから)、金曜日(4月15日)に陰線で終わりました。

ここから見るに、週足は下が現時点では決まり、日足では上が決まったと、

この場合、月足ではまだまだ下なので、週足では浅い戻り、日足で上が決まったので、再度下。

ということは確率的に来週月曜日からは、下に行く可能性が高いという事になります。

そして4Hや1H、30M、5Mの動きを見た場合、どうするのか?

大前提で流れは下(中長期)、それがわかっているのであれば、

あとは個々のスタンスによってエントリーポイントが変化します。

4Hだと既に下に落ちてるので、再度戻りをまってから、陽陰セットが出た後にエントリー、

4Hだと戻りがなくずるずる落ちる可能性もあるので、1H、30M、15M、5Mといずれかの時間で陽陰セットを探して

次の始値でエントリーとなります。

そしてそこからLC迄の距離を個々に計算してエントリーなり、複数回にわけてエントリーなり、

戦略によって変化するだけということになります。

慣れてないと躊躇したり、あーいってしまった、等もあるので、

騙されるの前提で、短期足(5M等)で何回もはいっては逃げるのくり返しをするのか

いってしまったらいってしまったでいいやという人は、

もう少し大きな足で陽陰ができるまで我慢。

と、ここまでは売り前提のシナリオです。

この考えをまずもって相場に挑みつつ、

上記の考えで動いていたが、どうやら1日単位で見ていると、どうも下にいきそうもない。

となると、下にいかないなら上なので(または下に落ちるまで、上に上がる迄のレンジペナント)、

上のシナリオも考えるということです。

ここが実践相場を経験しているかしていないか躊躇に腕に差が出る所です。

相場は上か下か横か、この3つのシナリオを常に頭で考えつつ、まず大前提の動きを考えて、

その後に、大前提の逆の動きと横の動きを考える、これの繰り返しです。

兼業の方がほとんどだと思うので、アドバイスとすると、

まず自身で想定した動きにあわせてエントリーする、そして負けた場合、なぜ負けたのか?

これをエントリーした箇所すべて画像にとるなりして修正をかけます。

それを月~金で負けた場所すべてあわせて、土日で見直し、大体同じ要因で負けてると思うので、

その負けた要因統計で一番上の奴を、『 意識して 』 次の週、月~金のトレードをします。

これを繰り返して下さい。そうすれば自分の癖やどこを治せばいいのか理解できてきます。

何度も同じ要因で負けたり修正ができなかったりするので、自分を責めてしまいがちですが、

勝てるまでは皆そういう経験をしてますので、自己嫌悪に陥る必要もないです。

そんなもんですし、やっていくうちに慣れてきて修正も出来てきます。

ただ、時間はかかるので(個人差ありますが)、じっくり取り組む必要があります。

後は、どのようなインジケーターをどのような意図で使用し、理解をするのか?です。

ここは、私のインジセットがあるので、やる気がある方のみ譲っている形です。

実質、勝てるレベルまでいくのには時間と根気が必要ですので、

やる気と根気がある方はご一報下さい。

ーーここまでは相場の話ーー

ここからは、個人的に思ってる日本・世界の動き、

14日にあった熊本地震、これも常識的に言うと、地震がおきた大変だです。

実際お亡くなりになった方はご冥福をお祈りします。

311の時も躊躇でしたが、今回もかなり躊躇だったかなと。

まず世界的に見て、名前が残る地震はすべて震度10キロ、

なぜなのか?これも読み解くと、気象兵器HAARPの人工地震という事に繋がります。

もちろん常識的には何言ってんだ?自然だろとなります。

それは表のニュースがそう報道しているからそうなります。

こういう話をする時にまず大事なのがソース、

それもネットではなくて、表のニュースで実際流れたテレビを一つのピースとして考え、

それをつなぎ合わせる事になります。(FXと同じですね)

ネットだと、やれ陰謀だ、妄想だとなります。

その一つ一つを繋ぎあわせると、そう考えた方が自然だとなります。

実際事実として残っているソースですので、それを陰謀等にいう人たちのほうが頭がおかしいのかなと思ってしまいます。

と話がそれてしまいましたが、

熊本地震が起きた経緯の流れはさっと言いますと、

4月3日にリークされた、パナマ文書。

その後、九州、鹿児島で航空自衛隊機が墜落した事件。

そして、14日の熊本地震です。

それぞれを見ると単なるパーツでしかないですが、

今までの世界の報道や、日本の報道を見ると、

どうしてもやばい情報というのは、隠蔽したり、追及して拡大させる前に、

更に大きい事件をわざとおこして、風化させる。これが世界の情報隠蔽の手法です。

パナマ文書は言わずも知れた、やばすぎるリークです。

というか、世界の根底を動かす(金持ちのみに具合が悪い)ものです。

日本は後ろ向きな報道ですし、菅官房長官もそうです。

他の国は首相退陣やら、世界的な動きに広がってます。

日本に関しては世界第2位とまで言われているので、どうしても風化させたり隠蔽して流したい所でしょう。

もちろん報道のトップは電通なので、そこも関与しているので更に報道したくありません。

パナマを潰すにはどうしたらいいか?上に書いた通り、更にでかい事件をおこすです。

その後、自衛隊機が墜落しました、6000時間も飛行しているベテランパイロットがです。

墜落した場所はどこか?鹿児島です。

そしてその自衛隊機の状態はというと、

高度な点検装置を積んだ特殊用途機、高度な自動操縦が出来るのに,有視界飛行をしていた

特殊用途機の使用を空自に命令した、空自が海自のある鹿屋まで埼玉から飛んできた

その後は、オレンジ色の光目撃後、墜落。

自衛隊は、何かの要因を見つけて、埼玉から特殊用途機を飛ばさせた、

そして撃墜された(表に出てきてない軍事兵器、オレンジ光なのでプラズマ的な兵器?

と見るのが自然な考え方です。(米軍に)

表の情報しか自衛隊の方は知りませんし、上官の言う事は絶対です、

自衛隊の上層部はいったい何を見つけたのか?それが、今回の熊本地震に繋がります。

4月14日震度10キロ、震度7。

熊本地震の波形はこうなります。

そして311。

人工地震と自然地震の比較。

よくまとめられた5分動画。

更なる詳細の動画。(少し長め)

簡潔に言うと、パナマ文書がリークされ、それを潰したい富裕層(ロスチャイルド等)が、

日本用に人工地震を準備していた所(米軍による小型核設置)を、自衛隊機に発見されたので、撃墜。

その後、流れ通り、熊本地震を引き起こし、報道の流れをパナマから熊本地震へ変更させたと考えるのが辻褄にあってきます。

金曜夜は報道でパナマが大々的にやる予定でしたし(関西では7chのみやってましたが、すぐ変更されました)

土日は、更にパナマ報道過熱する予定だったと思います。それが熊本地震がおきたことによりすべて変更されました。

通常はここまで考えないですが、

日常からトレーダーとして、チャートを見て、

自分で考えて判断し、決断してきた一人から言えば、パッと上の流れが利にかなっているかなと思います。

それほどパナマ文書の衝撃は大きく、まだまだ大きな人工地震を引き起こし、情報を隠蔽してくる可能性があるかなと。

常識的に会社に言われたことを淡々とこなしてきた人には理解しがたい事だとは思いますが、

表があれば裏があり、FXでは、上にいかなければ下です。(または横)

その情報どちらも常に考える必要があり、両方の情報を精査した結果、どちらが正しいのか?

これを個人個人で判断して、それで納得してそれを信じればいいと思います。

テレビの言う事、政府の言う事を信じるのは、

FXで言うと、ひたすらロングでナンピンしとけと、テレビや政府がいってるから買ってるだけの人です。

何が正しいのかは、自分自身で考えて、決断できている人は理解できるかなと思います。

ただ、今回の地震までの経緯はそうだとしても、そこだけに注視するものまたいけないかなと思います、

1M足をずーっと見ていると上下どちらか混乱しますし、それと一緒です、

もうひとつ、更にもう一つ、そして更に更にもう一つ上の視点から俯瞰的に物事を捉えなければいけません。

情報があふれている今だからこそ、その情報をしっかり精査し、それを信じすぎず、

ただ、辻褄があえば、大体そのような事になっているんだなと理解する事も必要かなと。

長くなりましたが、最後にもう一度、今回の人工地震で亡くなられた方すべて、ご冥福をお祈りします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly