いやーすごいですね。

ポンドさん。

AM8:07、1分足なんと、650pip動いて、

あわせて3分で1100pip落ちました。

ドル円も朝見た段階で勢い強そうだなぁとパッとみして、

横の画面に目がいったとたん、なんじゃこりゃ・・と。

こういう事があるとき、前もありましたが、

これで皆全滅なんですよね、結局。

EA然り、スイング、デイ、スキャル然り。

ポン円とかポンドルは、ボラが常にあるから、

素人やプロに人気はありますが、

こういうのでほとんどやられてしまいます。

 

スキャルの真のプロであれば、

ショートしてたと思いますが、それ以外はすべて負けでしょうね。

それこそたまたまショートを保有してた人が、

これこそ運で勝てただけのレベル。

これで運よく勝てた素人はもうそこでFXはやめたほうがいいでしょうね。

それを実力と勘違いして、続けると、今回儲けた以上に負けて破産しますのでね。

普段はドル円のみで、ユロドルは相対を見るためだけに表示していますが、

ポン円ポンドルは、こういうのがあるのがわかっているので、

もともと興味もないし、見てもいなかったですが、今、月足見てなるほどなと思いました。

急落すぎですが、結局は120での点を作りにいった動きで、

流れは2016年1月から、当然下でしたが(ドル円と一緒)、

ここからは、120の点を軸に、どうなっていくのか?

通常であれば、もう点は十分作れた勢いなので、後は上昇するだけですし、

2009年1月月足につけた安値、そしてそこから上昇、そして先ほど点をつけた。

7年がかりの逆H&S的な感じですね。

ドル円の75円が人類のサポートならば、

ポン円は既に120円の人類のサポートに先ほど達したと。

となると、ここからは通常は上ですが、

仮にここから更に下となると、もう予想がつかないレベルの次元にはいってしまいます。

ポンドルは既に1.35000~1.40000の人類のサポート帯は抜けてますが(汗

そして、今日の雇用統計で、いったいどうなるのか?

今日は警戒していったほうがいいですね。

しかしまぁ、ポン円ここまで動いてたんですねと。

興味ないので見ることすらなかったですが、

やはりドル円が安定してコツコツとれるので、改めてドル円でいいなと思いましたとさ。

勝つには、勝てるルールを守り、それが来るまでは待つ、それ以外やらない。

これがまずベースにあって、後は余裕があれば、他の勉強をして、

二つ目の勝てるルールを作りに行く、それの繰り返しです。

何度もこういう暴落は見てますが、その都度、

自分にも言い聞かせてるので、初心忘れべからずということですね。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly