· 2018年4月,シナリオ

形がきてましたね。

朝一であれがきていたので

見れた人はとれたかもですね。

今朝の上昇も、一気に行かなければ・・?と想定してましたが

これもまたシナリオ通りとなってくれました。

ここで止まりやすくなる理由は、○○○の○と、あれですね。

トレードにおいての基本ですが、

判断出来ないならまず入らない事(しっかり待つというトレードを選択出来る事)、

判断出来る綺麗且つわかりやすい(検証ベース&多少崩しOK)ポイントで

しっかり躊躇なく入って行く事ですよね。

利の保有に関しては、

それまでの流れと経緯によって多少変えてもいいですが

基本はルール通り入りつつ

精神的に厳しいと感じたら新HPの対処法で一先ず様子見たり

今回は負けてもいいやぐらいで放置する。

(LCだけ設定する or OCO or 利が伸びきる時間も想定してそこに時間成行でTPをおいておく等々)

時間に関しては、あのセットで入った場合、

その後大体どれぐらいの時間でTPに達するのか?(早い場合、遅い場合、平均等々)

というのを検証から測れますので、そこの認識がまだ不透明な場合は、

もう一度検証画像を見直して実際の時間を測ったり

ロウソク足が何本続いたら一度あれで止まるのか?等もみると効果的ですね。

現在のチャートですが

今朝の上昇はシナリオ通り一先ず止められて

ロンドンに入り多少下に戻してきましたが、この下落が何の下落にあたるのか?

これを考えるという事が、狙うポイントが判断出来てくるに繋がってきますし

一番大事なセットはその日のセットですから、それを軸に組み立てつつ

入れそうなポイントがあれば入り

(可能な限りあれに引きつけて ○ ○ 後 売る or 買うですよね)

行ってしまった場合や、回避ルールに該当する場合は

次のルールが来るまではしっかり我慢してトレードする事ですね。

それを守れば変なトレードで負ける事もないですし

上記で負ける事によってすぐ取り返そうという気持ちになり

更なるトレードを誘発し、中負け、大負けを防ぐことにも繋がりますし、

待つトレード=負けトレードを減らすという事に繋がりますので

じっくり待つという習慣をつけられると良いのかなとは思っております。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly